2008年5月26日月曜日

HItoshi_Matsumoto

今日は「人志松本のすべらない話」のDVDを借りてみました。このDVDは過去に放送された分を2回分まとめているもので、とりあえず、2004年の12月26日に放送された分を見ました。出演しているのは松本人志さん、千原ジュニアさん、宮川さん、ほっしゃんさん、河本さん、佐田さん、でサイコロの出た目の人が順々にトークしていくという番組です。ちなみに松本さんが言うには、同じ話をなんどしてもいいそうです。全て実話だそうですが、中にはかなり脚色がついているのもありましたが、面白かったのは河本さんの「犬のタロ吉」の話です。なんと河本さんはこの話を3回も話すという荒技をやってのけてしまったのです。話そのものは面白くなかったのですが、話せば話すほど面白くなってきました。あとは、宮川さんのジュリの麻酔の話は相当面白かったです。これは麻酔がきいているから痛くないからといってがんがん殴ったら、麻酔が切れて痛くなったというよくある話なのですが、話し方の勝利でしたね。あとは千原ジュニアさんのキム兄の話は加湿器の色の話を実にうまくまとめていて、最高に面白かったです。その後もしつこいくらいの実の兄の話は面白かったですね。やっぱり、最近のよりも始まった当初のほうがノリもよく、面白いネタもけっこう多かったような気がします。そして、2005年の3月29日放送分を少し見て、飽きてきたので消しました。そして、DVDを見終わってから、特にしたいこともなかったため、ぶらりと散歩することにしました。禁煙をする前はタバコを吸いながら歩くのが結構好きだったのですが、今はせいぜい缶コーヒーを飲みながら歩いたり、考え事をしたりするくらいです。散歩をしているとお腹がすいてきたので、ラーメン屋さんに入り、つけ麺を食べることにしました。何度も食べたことのあるつけ麺なのですが、タバコをやめたことによって味わいが少し変わっていたのにはとても驚きました。一言でいうと、以前よりも塩ッ気が強く感じられました。人間の味覚はとても不思議なものですね。今後も味覚の変化を楽しみにしてみたいと思います。

1 件のコメント:

bLurr さんのコメント...

hi, i from quechuafee.blogspot.com... thanks for your comment and visiting... i've link your blog at my other blog..

http://occhitan.blogspot.com

domo arigatou gozaimas!~